item4a  
Green1g7a1c Green1g7a4
Green1g7a4a1 Green1g7a5
Green1g7a1
Green1g7a6
Green1g7a2
Green1g7a7
Green1g7a3
 

Copyright Takashima-namazu.net. All rights reserved

TOP

Takashima Volunteer Network NAMAZU

item7

2015年5月開始

小学校5年生以上

年間通じていろいろなプログラムを体験することで、
いざという時に行動できる力を育てる

『目指せ!命にまっすぐ ほんまもん』
・地震はじめ、さまざまな災害時に自分の命を守るための
 強い気持ちを育てよう。
・困難を乗り切る知恵や工夫を学んで、まさかの時に役立てよう。

対 象

主 旨
 

テーマ

scrollitem2-1
item25

2015年度
の活動

item30

2016
の活動

item10a
たかしまガイド
item8b
プラス アーツ
イザ!カエル
item5

2017年度/第4回の活動 7月29日(土)〜31日(月)

サバイバルキャンプ開始から4回目にして、初めて「減災アクションクラブ」だけで取り組んだキャンプです。
暑い中のトイレづくり、テントの設営から始まりました。今年のトイレは、車いすの人も利用できるくらいの素晴らしいトイレができました。
新しいプログラム、熱中症予防のための経口補水液、虫よけスプレー、ペットボトルでハエ取り器を作りました。買わなくても家にあるもので作れることがわかりました。
2日目の未明、突然ゲリラ豪雨に襲われ、全てのテント内が水浸しになりました。
「これも災害や」と、その後も子どもたちは何事もなかったようにミッションクリアトレッキングや水難訓練、サバイバルクッキングなど、3日間のプログラムをクリアしました。

item10
item11
item13

イザ!という時サバイバルin里山 防災キャンプ

item14
item15
item18
item19
item90

2017年度
の活動

item21

2017年度/第3回の活動 7月8日(土)

ストローで家を建てました。グラグラするストローの骨組みも筋交いを入れるとしっかりすることがわかりました。昔の家は細かな間仕切りが少ないため、地震の揺れに弱いことも理解できました。
いくつかのゲームを通じて、楽しく災害時に役立つことを学習しました。

item26
item20
item27

命にまっすぐ学習その2

item28

2017年度/第2回の活動 6月10日(土)

22年前の震災を知らない子どもたちが、人と防災未来センターで当時を学ぶ活動です。再現CG映像のすさまじさに、足を震わせ泣き出す子もありました。
当時の記録展示ブースでは、一人ひとりが無言で大地震の爪痕に見入る姿が印象的でした。午後は、東遊園地の「希望の灯」と「瞑想空間」を訪ね、横野征子さんから「命の尊さ」についてお聞きしました。

item35
item37
item38

阪神淡路大震災を学ぼうin神戸

item40
item39
item41

2017年度/第1回の活動 5月20日(土)

第3期「減災アクションクラブ」の開始です。
20人のなまずJrはこれから1年間の様々な活動を通して、防災・減災力を身につけていきます。
京都大学で考案されたペーパークラフト地球儀を作って、地球上の地震の多い場所を確かめました。

item45
item36
item46

結団式・オリエンテーションと命にまっすぐ学習その1

Green8g1a2 Green8g1d Green8g1d1a Green8g1e Green8g1a Green8g1f Green8g1b Green8g1c chairomae